drone-001.html

標準セット≪5Lモデル≫(FUTABA製12K)

製品名

標準セット
(FUTABA製12K)
¥550,000(税別)

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

必要な機材を一式セット

 散布に必要となる機体・パーツ類をセット販売。購入後直ぐに作業可能です。
 ※連続の散布を予定されている方は、予備バッテリーをご準備下さいませ。
-付属品-各1
FUTABA製12K送信機、 6セルリポ専用充放電器
バッテリー12000mAh、 デジタル非接触温度計
バッテリーチェッカー、 バッテリーアラーム
ユーザーマニュアル、 六角ドライバーセット

■飛ぶだけではなく
「安全に飛ぶ」為に必要なセットです。


Point

画像が表示できない時に表示する文字列

国土交通省無人航空機飛行許可申請実証済み機体

 国土交通省・地方航空局の飛行許可取得済みの実績ある機体です。
 購入時には写真やスペック等すべて記載済みのほぼ完成に近いテンプレートをご提供。記載例添付。
 行政書士に依頼すれば5万円以上の申請費用。節約できます。
 必要事項を書き込み捺印するだけで許可取得が可能です。
 ■申請者には諸条件があります。
 ■DPドローンスクールにて受講頂けます。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

充実のサポート体制&修理保証

 わからないことがあれば、お問い合わせフォームやお電話にて賜ります。
 機体購入時には万一の墜落による機体の損害や第三者への賠償金を補償する「機体保険」「賠償保険」のご案内を同封。
 また、機体販売だけでなくメンテナンス、修理補償など充実したトータルサポート体制。
 ※問題発生時には素早く対応いたします。
 ■DJI製ドローンもメーカー整備点検対応可能。
 ■DPドローンスクールにて受講頂けます。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

確認しましょう。
他の送信機(12チャンネル)以下では機能制限があります

◎送信機(FUTABA製12K)は、初心者向けに各種機能が分かりやすく各スイッチに表示されています。
◎タイマー機能を使えば飛行時間や散布時間を計測できます。
◎バッテリー低電圧警報は、バッテリーが切れる前に音と振動で確認できます。
■バッテリーアラームも標準で付属【標準で付属するには理由があります】

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

送信機 FUTABA製12K標準

 送信機はFUTABA製12Kが標準装備。様々な機能が拡張されます。
◎ATTIモード追加。GPS受信のない場所でも飛行可能。
◎スイッチ一つで自律飛行モードの速度を加速・減速(T10JバージョンではDJI Assistant 2でのみ変更可能)
◎散布自動モードで飛行中、スイッチ一つで左右にシフト。自律飛行で指定している距離(初期設定3m)の分だけ横移動します。 複雑な形状の圃場でも均一な散布が容易になります。
自律飛行モードで速度を変えて散布したい方、散布自動モードをより効率的に利用可能です。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

DJI N3-AG フライトコントローラーを採用し安定感は抜群

 DJIの最新型フライトコントローラー、農業用最新版、N3-AGを採用。
 古いタイプのドローンに比べ、より動作が安定し、更に機能性もアップしています。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

GPSアンテナ

 GPSにより機体位置を捕捉します。
 しかし、ドローンのモーター等から出る電磁波がGPSアンテナに干渉すると、GPS信号をロストしてしまう危険性があります。
 弊社では、抗干渉GPSアンテナを、アルミカバーでモーターや他からの電波干渉を防ぎます。
 

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

取外し可能な固定プロペラ

 ドローンのプロペラは大きく分けて二種類あります。
 固定式プロペラと折り畳み式プロペラです 。
 固定式プロペラはどのドローンでも標準装備ですが、ネジで固定されているため簡単な取り外しができず持ち運びに不便です。
 折り畳み式のプロペラは折り畳める事が利点ですが、プロペラ自体が薄く弱く振動しやすいという欠点があるため、 破損しやすいだけでなく、飛行時間を低減させてしまうことにもつながります。

画像が表示できない時に表示する文字列

 これらの問題点を解消したのが、
モーターとプロペラの間に、取り付けることで、必要に応じて固定プロペラを取り外すことができるようになっています。
 これにより欠点を克服しただけでなく、利便性も高めることができました。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

独自設計の排圧弁

最初のポンプ使用時は、ポンプ内に空気が入り空回りします。
その場合に、ワンタッチで空気抜きが出来る排圧弁を搭載。
スムーズに排圧できます。
また、排圧弁を開くことでタンク内の液剤を任意に取り出すことができるため、余った農薬なども無駄なく再利用することが可能です。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

高輝度LEDで機体姿勢を安全に確認出来ます

 機体前方は青、機体後方は赤の高輝度LEDが搭載されています。
 早朝から日暮れ、曇りの日や晴天の日でも問題なく機体の向きを視認できるため、操縦をより容易にしてくれます。
 また、LEDを搭載していることで夜間飛行の許可も取得できるため、夜間に運用せざるを得ないという方でも安心して利用できます。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

ワンタッチで取り外し可能なバッテリーマウント

 従来のドローンではバッテリーを直接機体に取り付ける必要があるため、バッテリー交換に手間がかかり時間をとられるという問題点がありました。
 取り外し可能なバッテリーマウントを採用。バッテリー交換の際にはマウントそのものを外すことができます。この機能により、従来の製品に比べてスムーズに交換作業を行えるようになりました。
 また、一回のフライトで使用するバッテリーを一本に絞ることで、一度に二本以上のバッテリーを搭載する他の機体に比べてバッテリー交換や充電の手間が省かれ、使い勝手も向上しています。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

タンク容量をわかりやすく可視化

 一目で容量がわかるよう、容量表示を行っています。
 液剤の境界線をシールの位置に合わせることで、特別な計量を行うことなく、必要な量の液剤が補充可能です。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

毎分1L散布可能なボタ落ち防止ノズル

 液剤のボタ落ちを防止するノズルを搭載。ポンプを動かしているときのみ液剤を噴出し、ポンプを止めた場合には速やかに停止します。液剤がポタポタと滴り落ちることを防ぎ、必要なときに、必要なだけの散布が可能です。
 左右に取り付けられたノズルで毎分0.5-1Lの散布に対応。マニュアル操作で自由に散布量を調整できます。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

大型防滴モーターと冷却機能付き大容量ESCで劣化防止を実現

 放熱しやすい大型モーターを利用することで、過熱による劣化を防ぎます。また防滴性能により、農薬などの液剤がかかった場合や突然の小雨でも、モーターが直接ダメージを受けることはありません。
 モーター下部には大容量のESC(スピードコントローラー)を内蔵。冷却用のヒートシンク付きで、放熱に優れた設計になっています。
 ※完全防水ではありません。雨が降り始めた場合には速やかなフライト中止、機体保護をお願いいたします。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

堅固な固定式フレームを採用

 堅固な固定式フレームを採用。プロペラを取り外し可能にしたことで、アームの振動がなくなり飛行性能がアップしただけでなく、 折り畳み機能なしで軽トラやワンボックスなどにそのまま積めるようコンパクトになりました。
 機体としての耐久性も高く、モーターやESCなど経年劣化しやすいパーツを定期的に交換するだけで末永くご利用いただけます。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

使用ネジは「ステンレス」

 一部の安価なドローンで使用されているスチールネジは錆びつきやすく、特に農薬が付着しやすい散布ドローンにとっては大敵です。
 製作されるドローンの主要なネジはステンレスネジを採用。
 長期間にわたる高い耐久性とメンテナンス性を提供します。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

スパーク防止機能付きバッテリーコネクタ

 従来のドローンでは、バッテリーを接続すると火花が発生しコネクタ部分が焦げ付き、最終的に接触不良を起こすことなどがありました。
 使用しているバッテリーはスパーク防止機能付きのコネクタを利用しているため、火花の発生を防ぎコネクタの焦げ付きを防止します。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

付属のフライトシミュレーターで練習可能

 機体本体とパソコンをUSBコードで接続することで、フライトシミュレーターを利用することができます。
 初心者の方にとって不安なのが最初の機体操作ですが、フライトシミュレーターを使用すれば直接機体を飛ばすことなく、安心して練習が可能です。
 農薬散布の際に機体がどう動くか、ポンプがどう機能するかまですべてシミュレーターで把握可能なため、  農薬散布の前に飛行から散布まですべてを疑似体験することができます。
 ※フライトシミュレーターの利用、及び各種設定変更にはDJI公式サイトより「DJI Assistant 2」の最新版をダウンロードする必要があります。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

初心者から上級者まで、自分好みに機体をアレンジ

 出荷時の状態で初心者向けの設定にされています。
 初心者にとって扱いやすく危険性の少ない機体にするため、極端な挙動をしないようになっているのです。
 この機体ではDJI N3-AGフライトコントローラーを採用し、DJI Assistant 2 アプリケーションを使って細かく挙動を変更できるようになっています。
 不慣れなうちは初期設定で操縦し、慣れてきたら自分好みに設定を変更することで、機体はより自分にフィットします。
 もちろん、設定変更をした場合でも付属のフライトシミュレーターで動作確認ができますので、墜落のリスクなく機体の動作確認を行うことができます。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

農薬散布用の自律飛行モードに対応

 農薬散布を自動化する自律飛行モードを搭載。
 二ヵ所の折り返し地点を設定することで、スイッチ一つで自律飛行を開始できます。
 薬液切れなどにより途中で自律飛行を中断した場合でも、フライトコントローラーが中断地点を記録。再度自律飛行のスイッチを入れるだけで中断した場所から再スタートが可能です。
 初期設定の散布停止区間(横移動の距離)は、ドリフトによる作物の葉の裏面や根本への散布を考慮した実用高度1.5m・散布幅3mを想定し、3mに設定されています。
 ※設定はユーザー側で変更可能です。

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

散布自動モードで初心者でも快適に精密散布

 自律飛行モードの他に、散布自動モードを搭載。
 機体の旋回(ラダー)を固定し、前進時または後退時にのみポンプが自動で作動します。
 散布スイッチを入れることなく前後移動するだけで散布できるため、様々なスイッチを同時に扱うなどの操作が不要になります。  更に機体の旋回が固定されているので、無駄なブレもありません。

 

★また、FUTABA製12K送信機を利用すればワンキーで飛行スピードの変更が可能になります。
 初心者にとって最も使いやすい機能と言えるでしょう。(T10J未対応)

Point

画像が表示できない時に表示する文字列

スイッチ一つで機体が戻ってくる自動帰還(RTH)モード

 スイッチONだけで離陸地点まで自動的に機体が帰還・着陸する自動帰還または、着陸モードを搭載。
 ※帰還モード作動中もスティック操作が可能なので、機体の向き・着陸位置などを細かく修正できます。
 ※送信機の電波が途切れた場合も3秒後に帰還モードが自動的に作動。機体の安全を確保します。

スペック表

機体諸元
機体材質 カーボン・強化アルミ
寸法(プロペラ含まず) W700mm x D730mm x H500mm
対角モーターベース 920mm
散布棒幅 1200mm
搭載FC DJI N3-AG
モーターサイズ 70mm x 35mm
プロペラ 22inch カーボンプロペラ
ESC 冷却機能付きESC(60A)
LED 高輝度LED 
バッテリー

12000mAh 標準装備

※オプション 16000mAh, 22000mAh

Li-Poバッテリー